伊藤正純


1940222_476131359193734_946850677_n

伊藤 正純 (Masazumi Ito)

1959年、東京都世田谷区に生まれる。

中学3年生の終わり頃に生バディ・ガイを目撃してから、ブルースまみれの不健康な青春をおくる。

20歳代前半、東京B級ブルース界にて ”LITTLE BOY BLUE (小安田憲司、松井仁、岡地明)”、”LINDY HOP (佐藤浩人、早崎詩生、神東正典、立松裕之)”等のバンドで活動。”吾妻光良 & CHICKEN SINK” という幻のバンドでもギターを担当。

20歳代後半より20年間ツチノコ状態。

その間、某社にて労組中央執行委員長を9年間務め、深夜の六本木等で徘徊する姿を目撃されている。

現在、他に “DEW DROPPERS”(ニューオリンズ・バンド)、”THE NG’s”(ブルース・ロック・バンド) 、その他セッション等にも出現、会社と家庭を顧みない毎日。

好きな飲み物:栄光富士、ホッピー、イトーハイ(ウーロン茶の少ないウーロンハイ)、ショートホープ・スーパーライト。

使用楽器:Gibson ES-335 ( 1966, 1969, 1970,1977 )、SG SPECIAL (1973)、L-10 (1935)、Fender Musicmaster (1957)、Duo-sonic Ⅱ (1965)、Harmony Rocket H-53 (1965) 、Epiphone Riviera (1970’s)、Flying V Korena、Firebird、Fender JPN Thinline、その他諸々計19本。許容量オーバーにつき、都内某焼き鳥店にも一部隠ぺい中。

 

My Blog ; Two Steps From The Blues

 

 

SEXY Takamura & R-50 BLUES PROJECT