テキーラのはなし


少しテキーラの話をしましょう。
 メキシコでは昼食がメインで、夜はほとんど食べません。メキシコを16~19世紀の間支配していたスペイン人達は、元々夜9時過ぎから重い夕食を取る習慣がありましたが(今もそうです)、スペインの食習慣はメキシコには根付かなかったようです。
首都メキシコ・シティーは海抜2,200~2,300mの高地のため、大気中の酸素が平地の約四分の三しかなく、食物やアルコールの消化に長い時間を要するためと言われています。
 メキシコに初めて来た人が調子に乗って飲み食いすると、ひどい消化不良にみまわれることがあります。空気の薄い高地でいつものように飲み食いすると、消化不良を起こします。メキシコではこれを「モクテツマの復讐」と言います。モクテツマとは、スペインが滅ぼした先住のアステカ帝国最後の皇帝です。私も嫌というほど洗礼を受けました! 
 さてメキシコでのテキーラの飲み方ですが、30㎖程度のショットグラスでチビチビとストレートで食事前に飲むのが一般的です。このショットグラスをカバジートと呼びます。昔、メキシコのカウボーイ達は、牛の角にテキーラを入れて持ち歩いたそうです。カウボーイ達の馬に標準装備されていたテキーラボトルをカバジートと呼んでいたらしいです。メキシコのカウボーイはテキーラを飲んで牛を追っていたわけですね。
 通常、テキーラを頼むと、半分に輪切りにしたリモン(酢橘に似た柑橘系の果実)が付いてきます。一口テキーラを口に含み、リモンをかじる、これを交互に繰り返します。リモンに塩を振りかけてかじることもあります(掛け声とともに一気飲みはしません)。
 あるいは、テキーラと同じサイズのカバジートに注いだサングリータをチェイサーにして、テキーラと交互に飲む場合もあります。サングリータというのはトマトジュースをベースに、オレンジ果汁、チリ粉、ウスターソース、チリソース、微塵切りの玉ねぎ等を混ぜた飲料で、外見が血液(サングレ)のように見えることから、サングリータと呼ばれています。
 レストランは自家製のサングリータを出し、店により調合が微妙に違うことから味わいが異なり、お気に入りのサングリータを探すのも楽しみのひとつです。私はサングリータをチェイサーにした飲み方が好きです。
良いレストランに入ると最初に中庭かバーに通されます。そこで、自分の好みの銘柄のテキーラを1、2杯注文した後、席を移ってゆっくり時間をかけた昼食となります。
ところで、テキーラは何から造ったお酒でしょうか。次回はテキーラ誕生秘話から。